2008年10月31日

ご依頼の古代ガラス

ビーズ作品は全てが自己流(KIYOKANCHI流)でずが
お客様の希望は出来る限り叶えます。
obe-kodai1m.jpg
この青のトンボ玉は古代ガラスと言われる物で
お客様が海外で探された物だそうです。
革ひもを通して使用していらしたそうですが
ある日、ビーズでの加工を依頼されました。
トンボ玉のイメージを大切にしてのデザインです。
posted by きよか at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビーズネックレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108880458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。